MENU

ペン習字の通信教育で本当にうまくなる?効果のある教材の条件は?

ペン習字は市販本、通信教育、通学と習い方はいくつかあります。

 

特に通信教育は直接先生に指導してもらえるわけではありませんし、費用もそれなりにかかります。

 

そのため本当にうまくなるのかと懐疑的に思う人は多いのですが、確かにペン習字の通信教育というのは誰がやっても本当にうまくなるというものでもありません。

 

ペン習字の通信教育で本当にうまくなるのか?

 

ペン習字の通信教育は

 

  • ユーキャン

 

  • 公文

 

  • パイロット

 

などと大手中心にいくつかあります。

 

パイロットは費用的に1万超と格安といっても良いのですが、他はそうでもありません。

 

パイロットにしても安いので本当にうまくなるのかということは疑問に思いやすいのですが、各社通信教育の内容というよりも通信教育の限界があるといったほうが良いです。

 

結論からいいますと通信教育では効果が感じられないというような人もいるわけですが、

コツコツと自分で練習できない人

 

一人で努力することができない人

 

今まで習字教室などに通ったことのない人

 

姿勢、ペンの持ち方など正しい方法を知らない人

 

などは通信教育をしても効果を感じない、あるいはなかなか効果が出てこないというようなことはあります。

 

ペン習字の通信教育で本当にうまくなることがない人の原因とは?

 

ではなぜ上のようなパターンの人たちはペン習字の通信教育でうまくなることがないのでしょうか?

 

これにはペン習字のある構造があります。

 

脳内にある字のイメージを浮かべる

 

手はそのイメージを紙の上で再現しようとする

 

というように脳科学ではなっていて、要するに脳内の字のイメージがきれいにならないとペン習字は上達しないわけです。

 

脳内の字のイメージをきれいにする方法としては

 

親の字がきれいで親の文字を書く様子をずっと見てきた

 

書道教室に長く通っていて先生の字の書くところを見てきた

 

というような方法があります。

 

親の字がきれいな子は自然と字がきれいになる傾向もありますが、それは脳内の字のイメージに原因があります。

 

通信教育では大手であってもお手本の字をひたすらなぞるようなプログラムになっていて、そのために脳内イメージの書き換えに時間がかかる傾向があります。

 

そのために通信教育では効果の出ない人もいるわけです。

 

ペン習字通信教育よりも本当にうまくなる方法とは?

 

結論からいいますとペン習字がうまくなるにはペン習字教室に通うことが一番良いです。

 

費用がかかる

 

通学に時間がかかる

 

というようなデメリットがあるにしても先生に直接指導を受けるというのはそれだけ効果が高いわけです。

 

先生に直接添削してもらえる

 

先生の字を書いているところを目で見ることができる

 

というようなところが大きなメリットといえます。

 

とは言ってもペン習字教室に通えないという人もいるかと思いますので、通信教育でも教室と同等程度の効果がある講座について解説します。

 

ペン習字の通信教育で教室と同等の効果を得る方法

 

通信教育の最大のデメリットは先生の指導を直接受けられないというところにあります。

 

通信教育でもDVDメインのものもあるわけですが、これだと

 

先生の姿勢も収録されている

 

先生のペンの持ち方も収録されている

 

添削シーンも含まれている

 

実際に文字を書くシーンの収録もある

 

ということでペン習字教室とほぼ同等程度の効果が見込めるようになります。

 

このページの下のほうにこのような条件に該当する教材をいくつか紹介していますが、ペン習字の通信教育を受けて本当にうまくなりたいという場合には参考にしてほしいと思います。

 

字をたった21日間で上手にする方法


字が汚いのは練習をしても上手くなりません。


講座、市販の本でも字の汚いが改善されない方に知ってほしいのが若林さんの21日間ペン字上達プログラムです。


字は5つのルールを知ればうまくなる

97.3%の人が字の上達を実感

返金保証あり

先着100名だけ24800円9800円

私も汚い字でしたが、劇的に字に自信が持てるようになり、大企業への転職を成功させました。


先着100名しか入手できないのでお早目にどうぞ。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 21日間ペン字上達プログラム(LIP)|自宅でペン字を上達させる決定版!