MENU

年賀状をペン字で劇的にうまく書くたった1つの練習方法

年賀状はパソコンソフトでも作成することもできますが、やはり手書きで年賀状は作りたいというように思う人が多いと思います。

 

年賀状は

 

  • 宛名

 

  • 自分の住所

 

  • 裏の挨拶やメッセージ

 

などを主に手書きで書くようにしていきますが、特に字の大きな宛名という箇所で字のきれい、汚いが目立つようになります。

 

年賀状はペン字の字の癖がかなり目立ちやすい?

 

結論からいいますと年賀状では字の癖が一般の手紙などよりも目立ちやすいといえます。

 

年賀状は他の人と比較されやすい

 

年賀状は脚色がない分、字体が直接目に入りやすい

 

など年賀状特有の事情があるからです。

 

通常1枚だけ年賀状を受け取るということはありませんので、他に字のうまい人の年賀状があればかなり汚いことが目立ちます。

 

手紙は同時に複数枚受け取ることは少ないのですが、このあたりは年賀状が字の汚い人には酷な状況となっているといえます。

 

ただかなり字に癖のある人でも年齢がいった後でも直せるようになっています。

 

字に癖があり、長年そのような字を書いてくれば癖が固まっていて直せないのではないかというように考える人も多いのですが、そのようなことはありません。

 

字をきれいにする方法については後述することにします。

 

年賀状でペン字の字が汚いは市販本、通信教育で直せる?

 

字が汚いというときに、その直す方法としては

 

市販本

 

通信教育

 

とがまず浮かびます。

 

この2つの方法は費用に大きな違いがありますが、プログラムのベースは同じです。

 

つまりお手本をなぞったり、真似することできれいな字にしていこうというものです。

 

違いといえば

 

通信教育では添削サービスが数回ついている

 

テキストのボリュームがやや多い

 

ということですが、添削も直接先生に指導を受けるわけではありませんし、またその先生もアルバイトが多いという意味ではさほどの違いでもありません。

 

お手本を真似する練習ではペン字で年賀状がきれいに書けない本当の理由

 

字をうまくなるようにする練習ということであれば、上の市販本や通信教育といったようにお手本をなぞる練習で良いのではないかと考える人もいるかもしれませんが、やってみればわかりますように効果がまったく出てこない人もいますし、効果が出ても1年後など非常に時間のかかることもあります。

 

この理由としては

 

字を書こうとする

 

その人の脳内にある字のイメージを浮かべる

 

手はそのイメージを紙の上に再現しようとする

 

というように人間は字を書くからです。

 

つまり脳内イメージがきれいにならないと字はきれいに書けないということです。

 

よく親の字がきれいだと自然とその子供の字もきれいということがありますが、これは親の字を書くところを何度も見ているからといわれています。

 

お手本学習である市販本や通信教育では先生がいないのでうまくならないというわけです。

 

ペン字で年賀状をきれいに書く練習方法

 

脳内イメージをきれいにするには書道教室やペン字教室に通うことで直接先生の指導を受けることが一番早いです。

 

しかし通学は難しいという人もいるかと思いますが、この場合通信教育でも下のような条件を満たすものを選んでいきます。

 

先生が字を書くシーンを収録したDVDが付属されている

 

添削シーンも収録されている

 

姿勢、ペンの持ち方も映像で詳しく解説されている

 

DVDもついていてこのような収録も含まれている教材は非常に少ないわけですが、このページの下のほうにいくつか上のような条件を満たす教材を紹介しています。

 

通学できないというときに年賀状をうまくなりたい場合には活用していってほしいと思います。

 

字をたった21日間で上手にする方法


字が汚いのは練習をしても上手くなりません。


講座、市販の本でも字の汚いが改善されない方に知ってほしいのが若林さんの21日間ペン字上達プログラムです。


字は5つのルールを知ればうまくなる

97.3%の人が字の上達を実感

返金保証あり

先着100名だけ24800円9800円

私も汚い字でしたが、劇的に字に自信が持てるようになり、大企業への転職を成功させました。


先着100名しか入手できないのでお早目にどうぞ。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 21日間ペン字上達プログラム(LIP)|自宅でペン字を上達させる決定版!