MENU

万年筆ペン習字の通信教育と教室の選び方!たった1つのチェックポイント

万年筆でのペン習字をうまくなりたいというときには通常のボールペンとは練習方法を多少変えないといけません。

 

またペン習字教室や通信教育を考えるときにも万年筆に適したところを選択していくようにします。

 

万年筆のペン習字はどこの通信教育がベスト?

 

通信教育という場合にはいくつか候補があります。

 

大手を中心にして列挙しますと

 

  • ユーキャン

 

  • 公文

 

  • パイロット

 

となってきますが、万年筆といえばやはりパイロットの通信教育が適しています。

 

パイロットの通信教育は万年筆、デスクペン仕様になっている

 

費用も割安

 

ということでボールペンであればユーキャンなどでも良いのですが、万年筆ではパイロットのほうが良いと思います。

 

ちなみに硬筆書写技能検定にも対応した内容となっています。

 

万年筆に特化したペン習字教室は存在するのか?

 

ペン習字教室といえばボールペンをメインターゲットにしているところのほうが多いと思いますので、万年筆を得意としている教室を探すのも苦労するかもしれません。

 

万年筆に特化した教室がないようであればデスクペンを指導している教室も探してみるようにしてください。

 

デスクペンであればまだ教室もいくつか見つかるかと思います。

 

万年筆とボールペンの違い

 

万年筆とボールペンというのはいくつか違うところがあるのですが、

 

筆圧が違う

 

ペンを持つときに力の入る指が違う

 

太さが違うので感触が違う

 

というところになります。

 

結論からいいますと字がうまくなればボールペンでも万年筆でも同じようにきれいな字が書けるようになります。

 

しかし練習段階ではボールペンのほうがうまく書ける人もいれば、逆に万年筆のほうが書きやすく感じる人というように分かれてくるというようにいえます。

 

ペン習字を劇的にうまくなる効果を出す練習方法

 

ボールペンでも万年筆でもペン習字がうまくなる法則や方法というのは変わりません。

 

人間が字を書くときには

 

書こうとする字を浮かべる

 

そのときにその人の脳内にあるその字のイメージが引っ張られてくる

 

手はその脳内イメージを書こうとする

 

というような工程を踏みます。

 

つまりペン習字の上達には脳内イメージの字をきれいにしなければいけないということです。

 

親の字がきれいだと子供の字も自然ときれいになるということが多いですが、ここからもわかりますように字というのはきれいな字の人の近くにいる時間の長さが重要ということです。

字のきれいな人が書くところを見る

 

姿勢やペンの持ち方まで似るようになる

 

ということが大きな影響を及ぼすのですが、この点でペン習字は教室に通うことが一番効果があるというようにいわれるゆえんです。

 

ただどうしてもペン習字教に通えないという人もいますので、その場合には下のようなDVD形式の通信教育を選択するようにしてください。

 

先生の姿勢、ペンの持ち方を収録している

 

先生の字を書くシーンも豊富に収録されている

 

先生が添削するシーンも収録されている

 

大手の通信教育でもこのような条件を満たすものは皆無ですが、このページの下のほうに条件を満たす教材を紹介しています。

 

ペン習字の効果を早く、大きく出したいという場合には参考にしてほしいと思います。

 

字をたった21日間で上手にする方法


字が汚いのは練習をしても上手くなりません。


講座、市販の本でも字の汚いが改善されない方に知ってほしいのが若林さんの21日間ペン字上達プログラムです。


字は5つのルールを知ればうまくなる

97.3%の人が字の上達を実感

返金保証あり

先着100名だけ24800円9800円

私も汚い字でしたが、劇的に字に自信が持てるようになり、大企業への転職を成功させました。


先着100名しか入手できないのでお早目にどうぞ。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 21日間ペン字上達プログラム(LIP)|自宅でペン字を上達させる決定版!