MENU

本屋のペン習字本で本当にうまくなる?挫折する人とは?

本屋にいくとペン習字、ボールペン字の本はいくつか店頭に並んでいると思います。

 

少しペン習字が上達したいということであれば本屋の本でも良いのですが、趣味を超えてもう少し上達したいというような場合には本の独学では簡単に効果を感じるようにはなれません。

 

今回は脳科学的に人間の字がうまくなるメカニズムについて解説したいと思います。

 

本屋のペン習字本でおすすめなものは?

 

数あるペン習字の本でどれが良いのかというのは冊数が多いのでかなり迷うことになるかと思います。

 

  • えんぴつで奥の細道

 

  • 書道技法講座シリーズ

 

  • 日本名筆選シリーズ

 

えんぴつで奥の細道は楷書体でひらがなから練習していけるような内容になっています。
また本屋ではありませんが、100円ショップでも良ければいくつか良いものもあります。

 

鉛筆で書く古典シリーズなどはいくつか種類もあっておすすめできると思います。

 

本屋の本でどの程度練習すればペン習字はうまくなる?

 

本屋の本にあるペン習字は、お手本学習といえます。

 

なぞる

 

真似する

 

というのがメインですが、向き不向きは相当に個人差があると考えて良いです。

 

飽き性

 

書道の基本ができていない

 

コツコツと努力できない

 

という人はかなり苦痛かもしれません。

 

というのも毎日練習して1年後にようやく効果らしきものが出てくるというようなものなので、向いていないと途中でやめてしまう確率はかなり高いといえるからです。

 

通信教育のペン習字講座は本屋の本よりもうまくなる?

 

本屋の本とともにペン習字では通信教育を考える人もいるかもしれません。

 

本よりも費用が高いのでコカが出やすいのではないか?

 

本とは違う特別なプログラム内容になっているのではないか?

 

というように思いがちではありますが、実態としては本屋の本とほぼ違いはないといえます。

ともにお手本をなぞるのが基本スタイルとなっている

 

お手本を真似することを目的とする

 

添削サービスもついているものの直接の指導を受けるわけではないし、回数も多くはない

 

ということでテキストのボリュームが違うことくらいしか違いはないといっても良いかもしれません。

 

お手本学習は効果がまったく出ない人も多く、ほぼ違いはないといっても良いでしょう。

 

本屋の本よりも劇的に効果が出る通信教育の条件とは?

 

上のように通信教育ではまったく効果が出ない人もいますし、途中で挫折してしまう人も多いわけです。

 

通信教育で効果が出ない理由というのは人間の字を書くときの脳内の動きにあります。

書こうという字を浮かべる

 

その字についてその人の持つ脳内の字のイメージを引っ張ってくる

 

手はその脳内イメージを再現しようとする

 

ということでお手本をいくらなぞっても脳内イメージが改善されないのでペン習字は上達しないということになります。

 

親の字がきれいだと自然とその子供の字もきれいになるという現象がありますが、脳内イメージをきれいなものにするには字のきれいな人といる時間の長さが重要ということになります。

 

この点、ペン習字教室に通って先生に直接指導を受けることが最も効果的というわけです。

 

ただ通信教育でもDVD形式で

 

先生の字を書くシーンが豊富に収録されている

 

先生の姿勢、ペンの持ち方を丁寧に解説している

 

先生が実際に添削するシーンが収録されている

 

という場合にはペン習字教室に通うのと同等の効果があります。

 

大手の通信教育でもこのような条件を満たすものはないのですが、このページの下のほうに条件を満たす教材を紹介していますので参考にしてほしいと思います。

 

字をたった21日間で上手にする方法


字が汚いのは練習をしても上手くなりません。


講座、市販の本でも字の汚いが改善されない方に知ってほしいのが若林さんの21日間ペン字上達プログラムです。


字は5つのルールを知ればうまくなる

97.3%の人が字の上達を実感

返金保証あり

先着100名だけ24800円9800円

私も汚い字でしたが、劇的に字に自信が持てるようになり、大企業への転職を成功させました。


先着100名しか入手できないのでお早目にどうぞ。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 21日間ペン字上達プログラム(LIP)|自宅でペン字を上達させる決定版!