MENU

ペン字の通信教育を比較!効果の出やすいペン字通信の条件とは?

ペン字では大手を中心にしていくつかの通信教育のプログラムがあります。

 

それぞれの内容の比較は難しく、今から受講しようという場合にどこに基準をおいて選択していくと良いのかよくわからないというような人も多いのではないでしょうか?

 

今回はペン字の上達とそのコスパという観点から通信教育について比較したいと思います。

 

ペン字通信教育 ユーキャン

 

まず最も有名なのがユーキャンです。

 

  • 費用は3万強

 

  • 添削回数は12回

 

  • 学習期間は標準で6ヶ月(最大18ヶ月)

 

となっています。

 

費用的に今から紹介する他の通信教育よりも高めですが、CMでも有名ですしテキストもしっかりとしていて安心できるという人は多いのではないでしょうか?

 

パイロットのペン字通信教育

 

次に有名なペン字の通信教育といえばパイロットです。

 

  • 費用は12000円強

 

  • 添削回数は12回

 

  • 学習期間は12ヶ月

 

  • 万年筆にも対応している内容となっている

 

パイロット特有のメリットとしては運営組織的にもいえますが、万年筆のペン習字にも対応しているということです。

 

万年筆が上達すればボールペンも同時にうまくなるという特性がありますが、逆にボールペン字だけ上達しても万年筆はそこまで上達しないということがあります。

 

ビジネスでも万年筆を使うことは少なくなりましたが、万年筆を通信教育でうまくなりたいというような場合にはパイロット一択といっても良いかもしれません。

 

またパイロットの特徴は費用が安いこともあります。

 

公文のペン字通信教育

 

あと公文のペン字通信教育も有名です。

 

公文では通学制もあり、通信も併設されているというようになっています。

 

公文のペン字通信教育は

 

  • 学習期間の制限は基本的にない

 

  • 学習期間ごとに課金されるシステム

 

というような内容となっています。

 

添削サービスもあるので学習期間が短い場合には公文がユーキャンよりも安くなるということは十分にあります。

 

ヒューマンアカデミーのペン字通信教育

 

ユーキャンとともに通信教育大手といって良いヒューマンアカデミーでもペン字講座があります。

 

新・実用ボールペン字講座というのが正式名称ですが、

 

  • テキストだけでなくDVDもついている

 

  • 費用は28500円

 

  • 標準学習期間は6ヶ月

 

  • 添削回数は12回

 

費用も添削サービスの回数もユーキャンと非常に似ているといえますが、最大の違いはDVDによる解説がついているということです。

 

経験のある人もいるかもしれませんが、ペン字というのはお手本を見て、なぞったり、真似をしただけでは上達しないようなことも多いです。

 

この点、DVDで視覚的にペン字を学習できるのは大きなメリットといえます。

 

ペン字の通信教育に向いていない人とは?

 

ペン字を通信教育でというように考える人もいるかもしれませんがペン字本と違って上のようにそこそこの費用が通信教育にはかかります。

 

実際途中で挫折する人もいるので、

 

コツコツと学習することが苦手な人

 

学校のように友達がいなくて一人で学習するのが苦手な人

 

毎日コツコツと学習できない人

 

はやめたほうが良いと思います。

 

ペン字というのは毎日など定期的に学習しなければまた元の汚い字が脳内にはびこり、汚い字に少しずつ逆戻りしてしまいます。

 

ある程度までのレベルに到達できれば字が汚くなるまで戻るということもないのですが、そこまでは毎日学習するのがベストです。

 

通信教育は怠けようと思えば怠けることもできます。

 

上のように各社通信教育には添削サービスもありますが、強制力はないので自分で学習のペースを維持しなければそう簡単に費用に見合う効果を受けることはできません。

 

ペン字の通信教育比較まとめと上達しやすい条件

 

字が上手いという人は親も字がきれいという人が多いと思いますが、これは親のきれいな字や、また親の字の書くシーンを何度も見ているからといえます。

 

その結果

 

正しい姿勢

 

ペンの正しい持ち方

 

脳内イメージも字もきれいになる

 

というような効果を自然と受けているからといえます。

 

つまりペン字は教室に通うのが最も効果的といわれるのはこのあたりに原因があるわけです。

 

字のきれいな先生の字と書くシーンを何度も見ることができる

 

その結果脳内イメージの字もきれいになる

 

というようになるわけです。

 

人間の字というのは脳内イメージの字を手が再現するようになっているわけですが、脳内イメージを改善できる通信教育にしていくことをおすすめしたいと思います。

 

DVDで字のきれいな人の書くシーンが豊富に収録されている

 

先生の添削シーンも収録されている

 

先生の姿勢やペンの持ち方まで細かく収録されている

 

というようなところまでDVDによる視覚的な学習のできる通信教育が良いといえます。

 

ヒューマンアカデミーは付属DVDがあるのでこの点はクリアしていますが、このページの下でも条件を満たす教材を紹介しています。

 

字をたった21日間で上手にする方法


字が汚いのは練習をしても上手くなりません。


講座、市販の本でも字の汚いが改善されない方に知ってほしいのが若林さんの21日間ペン字上達プログラムです。


字は5つのルールを知ればうまくなる

97.3%の人が字の上達を実感

返金保証あり

先着100名だけ24800円9800円

私も汚い字でしたが、劇的に字に自信が持てるようになり、大企業への転職を成功させました。


先着100名しか入手できないのでお早目にどうぞ。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 21日間ペン字上達プログラム(LIP)|自宅でペン字を上達させる決定版!