MENU

ペン習字資格の履歴書への書き方!何級から?どこに書く?

ペン習字ではいくつか資格がありますが、就職や転職で履歴書にどこから書けるのかということは悩みやすいところです。

 

英検なども特定の級からしか履歴書には書かないというような暗黙裡のルールのようなものがありますが、今回はペン習字と履歴書について解説をします。

 

ユーキャンのペン習字資格は履歴書に書ける?

 

ユーキャンの通信教育では実用ボールペン字検定などの資格の取得も考える人が多いかもしれません。

 

この検定は5級からのスタートとなりますが、仕事の履歴書に書くとすれば1級あたりから書くべきといえます。

 

段もその後にあるので、2級などではまだインパクトは弱いといっても良いかもしれません。

硬筆、毛筆書写技能検定は何級から履歴書に書ける?

 

硬筆書写技能検定、毛筆書写技能検定というのはペン習字資格よりも公的性格が強いので、社会的評価ではこの2つの資格のほうが高いといって良いです。

 

ちなみにこの2つはペン習字関係の資格においては唯一の公的資格といって良いです。

 

しかし両方ともやはり3級などから書くのはおすすめできません。

 

英検などと同様に最低でも2級から履歴書に書くようにしてください。

 

ペン字検定の資格と履歴書への書き方

 

ペン字検定時代に資格を取得したという人もいるかもしれませんが、その後資格の名称が変わりました。

 

現在は硬筆書写検定などというようになっていますが、履歴書に書くには

 

文部科学省後援硬筆書写検定○級(段) 合格

 

などと正式名称で書くようにしていきます。

 

文部科学省は認定ではなく後援となりますので、ここの省庁の関係性も間違わないようにしていきましょう。

 

書くことと直接関係のない仕事でも履歴書にペン習字の資格は書くべき?

 

昔はパソコンもワープロもなかったのでペン習字の資格も今よりももっと評価が高かったのですが、今は活字の時代なのでそこまで優遇されるわけではありません。

 

ただし字は性格を表すというように強く考えている人もいるので、他に書くような資格がなければペン習字の資格も履歴書に書きアピールしていって構いません。

 

それがたとえ書くことがほとんど必要のない仕事であってもです。

 

字についての人事、社長の考えによっては内定率に影響してくることもあります。

 

ペン習字資格は履歴書のどの欄に書くべきか?

 

履歴書では資格欄というところがありますが、ペン習字ではこの資格欄に記載しないほうが良い企業が多いです。

 

習字の師範

 

習字を直接エントリー要件にしているような企業

 

などであれば資格欄で構いませんが、その他のほとんどの場合には趣味や特技欄に記載していくことで構いません。

 

ペン習字の資格は履歴書に書いても効果がない?

 

上のように最近は特にパソコンの時代となっていて、習字もペン習字も就職や転職に意味はないというように言われることも多いかもしれません。

 

しかし決してそのようなことはありません。

 

字が綺麗な人を積極的に優先して採用していくということはないかもしれませんが、

 

人事も字がきれいな人には自然と好印象を持つので書類選考に通りやすい

 

事務職でも字がきれいだとその企業の知性を感じさせるので内定率が上がることも多い

 

ということで汚いよりもきれいな字の人のほうがまず有利といって良いのです。

 

目には見えませんが、字がきれいなことで損はないのでペン習字資格も取得するようにして履歴書でもアピールしていくようにしてください。

 

字をたった21日間で上手にする方法


字が汚いのは練習をしても上手くなりません。


講座、市販の本でも字の汚いが改善されない方に知ってほしいのが若林さんの21日間ペン字上達プログラムです。


字は5つのルールを知ればうまくなる

97.3%の人が字の上達を実感

返金保証あり

先着100名だけ24800円9800円

私も汚い字でしたが、劇的に字に自信が持てるようになり、大企業への転職を成功させました。


先着100名しか入手できないのでお早目にどうぞ。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 21日間ペン字上達プログラム(LIP)|自宅でペン字を上達させる決定版!